マンション投資を学ぶ方法|将来に光を灯す海外不動産|今を生きる方へ
マネー

将来に光を灯す海外不動産|今を生きる方へ

マンション投資を学ぶ方法

夫婦

以前から、資産運用商品として人気の高いものが投資用マンションとなります。投資用マンションとは、一般的にワンルームや1K等、一人暮らし向けのマンションを言います。価格帯は築年数にもよりますが、都市部の投資マンションで築年数の浅いものであれば2000万円前後します。一方で築年数が30年近くになると1000万円から1500万円程度となります。表面利回りは築年数の浅いもので4%から5%、築年数30年程度のもので6%から7%になります。投資用マンションというと、以前は資産家や高所得者の行う投資手法となっていましたが、現在では20代から30代のサラリーマンやOLでも手を付けられる投資商品となってきています。

投資用マンションでの運用のメリットはローンを組めることです。個人の場合、ローンとなると、自動車ローンや住宅ローンなど生活に関わるものが一般的であり、投資用のローンはなかなか組むことができません。仮にローンを組むことができたとしても金利が非常に高くなります。しかし、投資用マンションを買うためのローンは別です。投資用のローンである一方、住宅でもあるので、金利がかなり低く設定されています。このため、ローンを組んで投資用マンションを買えば、多額の自己資金を負担することもなくなります。つまり、金融機関から借りたお金で、自分のための収益を上げることができるようになるわけです。資産運用を考える際には、是非、投資用マンションの購入を検討しましょう。

Copyright © 2016 将来に光を灯す海外不動産|今を生きる方へ All Rights Reserved.