入居率を上げる目的|将来に光を灯す海外不動産|今を生きる方へ
マネー

将来に光を灯す海外不動産|今を生きる方へ

入居率を上げる目的

メンズ

入居率を高める会社

不動産投資は主に東京や大阪の大都市で取引されているイメージも大きいですが、当然地方でも取引は行われています。特に都市開発で急発展しそうな地域への不動産投資は活発です。しかし、投資者が決してその地域に住んでいる人というわけではありません。その一方で、投資した不動産は管理する必要がありますが、遠くにある不動産の管理は投資者本人がするのは手間です。そこで重要となってくるのがサブリースによるサービスです。地方の不動産でサブリースする場合、不動産管理会社は大手のところでもいいですが、地域密着している管理会社を選ぶ考え方もあります。地域密着していることで、効率よく入居者の募集をかけることができるため、空室日数を減らす可能性が高まるわけです。

入居の有無で収入が決まる

このサブリースを利用した不動産投資となると、投資者は不動産管理会社との賃貸借契約を結ぶこととなります。もちろん、不動産管理会社は第三者に入居させてそこから賃貸料を受け取ります。そして、投資者は不動産管理会社から賃貸料を摂ることとなりますが、その場合2通り考えられるのです。1つのケースは、入居者が入っているときで賃貸料の80〜90%ほどが投資者の元に渡ります。もう1つのケースは、入所者が入っていないときで、この場合は不動産管理会社から空室保証としていくらかは得ることができます。ただし、前者に比べてその収入は低いです。だからこそ、サブリースを利用するため不動産投資会社を選ぶときは、入居率を高めてくれるところを選ぶことが重要となります。

Copyright © 2016 将来に光を灯す海外不動産|今を生きる方へ All Rights Reserved.