まだまだ人気の太陽光発電|将来に光を灯す海外不動産|今を生きる方へ
マネー

将来に光を灯す海外不動産|今を生きる方へ

まだまだ人気の太陽光発電

ソーラー発電

投資としての太陽光発電

太陽光発電投資は、採算面から、とても難しくなってきています。 固定買取り価格は、年々下がり、10Kw以上の太陽光発電設備で24円/Kwhとなりました。これは、土地購入費や設備購入設置費、維持費など多額の費用が必要な太陽光発電投資にとって、かなり厳しい条件です。 しかし、土地付き太陽光発電の場合、固定買取り価格が高かった時期に権利を取得した案件がたくさんあります。そのため、自分で設備費用を安く抑えて、固定買取り価格24円/Kwhで運用するより、利益が安定することも多いと思います。 太陽光発電で、最も大切なのは、日当たりです。 その点、土地付き太陽光発電として販売している案件は、好条件となっていることが多いです。

案件選択の注意点

インターネットなどで、土地付き太陽光発電を調べると、優良な案件が数多くヒットします。 まずは、想定発電量などから、収入見込みを計算して、販売価格と比べてみてください。この時点で、利益の多い案件を選ぶのが基本です。このとき、固定買取り価格に応じて、多少の価格上乗せがあるかもしれませんが、たいてい好案件になっていると思います。 土地付き太陽光発電設備購入に際して、気を使いたいのは、維持費です。 たいていの場合、フェンスの設置や雑草対策のシートなどが必要になると思います。居住地から遠い場合などは、メンテナンスを現地業者に委託することになるかもしれません。 また、運用期間中、パワーコンディショナーの交換費用がかかると思います。さらに、税負担も大きくなるおそれがあります。 見積り時点で、そのあたりをしっかり吟味して、実りのある太陽光発電投資にしましょう。

Copyright © 2016 将来に光を灯す海外不動産|今を生きる方へ All Rights Reserved.